2019年11月30日富士通スタジアム川崎第一試合
 Bunza.net
     
 
●2019年11月30日富士通スタジアム川崎第一試合

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
富士通フロンティアーズ FF 14 3 7 7 31
エレコム神戸ファイニーズ KF 0 0 7 7 13
Q TEAM TIME  PLAY  TFP
1 FF 1:13  #18高木→#81中村7Yard Pass   #11西村Kick
1 FF 6:54  #18高木→#22岩松5Yard Pass   #11西村Kick
2 FF 4:05  #11西村48Yard FG    
2 FF 12:00  #11西村46Yard FG×    
3 KF 8:07  #19ソコール→#87高尾8Yard Pass   #12山崎Kick×
3 FF 11:11  #18高木→#85松井11Yard Run   #11西村Kick
4 FF 1:30  #18高木→#22岩松16Yard Pass   #11西村Kick
4 KF 6:13  #22川淵8Yard Run   #12山崎Kick
  エレコム神戸 富士通
1stDown(Run-Pass-Foul) 15(5-10-0) 17(8-8-1)
ラン攻撃(ATT-Yard-TD) 23-54-1 25-235-0
パス攻撃(ATT-Comp-INT-Yard-TD) 36-20-1-189-1 21-12-0-122-4
Total(ATT-Yard) 59-243 46-357
反則(Att-Yard) 3-25 2-25
Punt(Att-Yard) 6-219 4-159
PuntRet(Att-FC-Yarrd) 3-0-21 5-2-39
KickOff(RetAtt-FC-RetYard-TD) 6-0-137- 1-0-0-0
Fumble(Att-Lost) 0-0 0-0
攻撃時間 28分45秒 19分15秒

前節の負傷が言えないバードソンに変わり、#18高木が今期2試合目の先発となった富士通と、次回対戦時から見てエースRBのツープラトンが復活して気の抜けなくなったファイニーズの試合、だったんだけど……
サマジー・グラント一人によって試合の均衡は崩壊してしまいましたね。
恐らくゲームプランとしてはとにかく守備が耐え、攻撃がじつくりランデ時間を使って……というイメージだったんだろうけど、最初のドライブでサマジーが70Yard走った時点であっけなく崩れたですよ。
さらに返しのドライブでインターセプト喰らって、きこりゃいかんと。
ところがメインターゲットのアヌワーが前半アディヤミに完封状態。後半にパスキャッチが増えたのはモーション等でインサイド(FLかSB)に入るようになって、アディヤミが対ワイドアウトに残った時だけなんで、本当に、本当に脆くもゲームプランが崩壊したんだと思う。
実際には前半17-0である事を考え、後半3Qの殆どを攻撃ドライブとして費やした所はまだよかったものの、そのあとでたった3プレーでTD取られたんじゃあどうようもないですわ。もし2Qの攻め方がもうちょっと対応できていたらなあとは思うんだけど、仕方ないよね。

まあ試合的にはそういう所だったので、大阪の試合結果が気になって仕方なかったんですが……よもやこの結果(ガルズ敗退)とはねえ。


投稿日:2019年11月30日 15:25:13
アメフト / 投稿者: 久保田 博之


<< 2020年 2月  >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829



●最近の投稿


●カテゴリ別
日常(11)
アメフト(47)
PC関係(2)


●リンク
 Binza.net読書館
●月別アーカイブ