2019年12月22日富士通スタジアム川崎第一試合(X1-X2入替戦)
 Bunza.net
     
 
●2019年12月22日富士通スタジアム川崎第一試合(X1-X2入替戦)

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
AFCクレーンズ Cr 0 0 0 0 0
Bullsフットボールクラブ Bu 6 14 7 10 37
Q TEAM TIME  PLAY  TFP
1 Bu 6:22  #10時崎→#80大西10Yard Pass   #54高橋Kick×(Block)
2 Bu 4:12  #10時崎→#17久寳6Yard Pass   #54高橋Kick
2 Bu 11:48  #10時崎→#86島田4Yard Pass   #54高橋Kick
3 Bu 3:40  #3山形3Yard Run   #54高橋Kick
4 Bu 2:44  #10時崎→#80大西11Yard Pass   #54高橋Kick
4 Bu 7:37  #54高崎33Yard FG    
4 Bu 10:39  #54高崎39Yard FG×    
  Bulls クレーンズ
1stDown(Run-Pass-Foul) 19(8-11-0) 1(0-0-1)
ラン攻撃(ATT-Yard-TD) 32-146-1 17-15-0
パス攻撃(ATT-Comp-INT-Yard-TD) 31-20--259-4 15-4-2-20-0
Total(ATT-Yard) 63-405 32-35
反則(Att-Yard) 6-65 5-30
Punt(Att-Yard) 1-31 6-179
PuntRet(Att-FC-Yarrd) 4-0-11 1-0-3
KickOff(RetAtt-FC-RetYard-TD) 1-0-14-0 4-0-69-0
Fumble(Att-Lost) 1-0 0-0
攻撃時間 29分31秒 18分29秒

試合開始直後まではメイン・パックスタンドともどもと日本野鳥の会がいなくても数えられる程(昭和時代の紅白歌合戦は、最終結果のカウントを日本野鳥の会の皆さんがやっていたというネタ) 寂しさマックスなスタンドで、結果的にはもう元々こうあるべきという結果に落ち着いてしまった訳だという感想しか出て来ない試合でした。

というのも、元々1部の力がありながらチーム運営の立て直しの為に自主降格したBullsに対してブロック2位からの自動昇格のクレーンズではちょっとばかり分が悪すぎたのではないか……特に対戦相手が軒並み強い(結果的に順位が高いチームと対戦していた)中で尻すぼみに点差が開いていくシーズンでは、やっている方も辛かったかも知れない。

この試合に関しては見ていると、序盤を除き守備が奮闘していたのだが、攻撃、特にQBとOLの呼吸が合わなさすぎた。※QBがなんとかしようと自分で奮闘するのだが、余計噛み合っていない。

多分X1Ariaで本格的にプレーするなら、OLの強化−−というよりQBの望む型にはまる為の努力が必要ではないかと。

Bullsの方はこれからがキモ。多分X1Ariaでも下位に沈み込む(上が分厚くなって来た、という意味で)中で、どこまで踏ん張れるかが問われると思う。

 


投稿日:2019年12月22日 13:06:12
アメフト / 投稿者: 久保田 博之


<< 2020年 8月  >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031



●最近の投稿


●カテゴリ別
日常(259)
アメフト(494)
PC関係(100)
読書(31)
らくがき(2)
旅行・お出かけ(2)


●リンク
 Binza.net読書館
●月別アーカイブ
2020年 7月(4)
2020年 6月(1)
2020年 5月(3)
2020年 4月(1)
2020年 3月(3)
2020年 2月(1)
2020年 1月(4)
2019年12月(4)
2019年11月(13)
2019年10月(11)
2019年 9月(14)
2019年 8月(6)
2019年 7月(6)
2019年 6月(1)
2017年 3月(2)
2017年 1月(8)
2016年12月(9)
2016年11月(10)
2016年10月(22)
2016年 9月(14)
2016年 8月(8)
2016年 7月(3)
2016年 6月(8)
2016年 5月(12)
2016年 4月(7)
2016年 3月(1)
2016年 2月(3)
2016年 1月(2)
2015年12月(7)
2015年11月(14)
2015年10月(17)
2015年 9月(13)
2015年 8月(5)
2015年 7月(3)
2015年 6月(3)
2015年 5月(11)
2015年 4月(5)
2015年 3月(4)
2015年 2月(3)
2015年 1月(5)
2014年12月(6)
2014年11月(14)
2014年10月(11)
2014年 9月(12)
2014年 8月(16)
2014年 7月(3)
2014年 6月(5)
2014年 5月(12)
2014年 4月(7)
2014年 3月(4)
2014年 2月(2)
2014年 1月(4)
2013年12月(7)
2013年11月(10)
2013年10月(11)
2013年 9月(14)
2013年 8月(6)
2013年 7月(7)
2013年 6月(4)
2013年 5月(9)
2013年 4月(7)
2013年 3月(6)
2013年 2月(8)
2013年 1月(6)
2012年12月(15)
2012年11月(12)
2012年10月(9)
2012年 9月(11)
2012年 8月(6)
2012年 7月(9)
2012年 6月(3)
2012年 5月(7)
2012年 4月(9)
2012年 3月(1)
2012年 2月(7)
2012年 1月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(5)
2011年10月(5)
2011年 9月(3)
2011年 7月(3)
2011年 6月(3)
2011年 5月(3)
2011年 4月(3)
2011年 3月(3)
2011年 2月(2)
2011年 1月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年 9月(1)
2010年 8月(1)
2010年 7月(1)
2010年 4月(1)
2010年 3月(1)
2010年 2月(2)
2010年 1月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(9)
2009年10月(8)
2009年 9月(14)
2009年 8月(7)
2009年 7月(9)
2009年 6月(3)
2009年 5月(18)
2009年 4月(11)
2009年 3月(3)
2009年 2月(3)
2009年 1月(9)
2008年12月(11)
2008年11月(19)
2008年10月(14)
2008年 9月(18)
2008年 8月(8)
2008年 7月(3)
2008年 6月(6)
2008年 5月(13)
2008年 4月(6)
2008年 3月(5)
2008年 2月(5)
2008年 1月(8)
2007年12月(4)
2007年11月(6)
2007年10月(6)
2007年 9月(15)
2007年 8月(3)
2007年 7月(15)
2007年 6月(3)
2007年 5月(11)