2019年12月22日富士通スタジアム第二試合(X1Super-Aria入替戦)
 Bunza.net
     
 
●2019年12月22日富士通スタジアム第二試合(X1Super-Aria入替戦)

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
ノジマ相模原ライズ SR 3 14 6 9 32
アサヒビール・シルバースター SS 7 7 3 3 20
Q TEAM TIME  PLAY  TFP
1 SR 2:48  #13鈴木30Yard FG    
1 SS 6:44  #3ハンフリーズ→#29ホッジス16Yard Pass   #47梅垣Kick
1 SR 9:05  #13鈴木49Yard FG×  
2 SR 3:18  #25東松1Yard Run   #13鈴木Kick
2 SS 5:55  #3ハンフリーズ→#2ジョーンズ45Yard Pass   #47梅垣Kick
2 SR 9:23  #2宮幸8Yard Run   #13鈴木Kick
3 SS 5;27  #47梅垣33Yard FG    
3 SR 10:50  #3ロックレイ→#2宮幸65Yard Pass  #23伊藤→#90伊倉Pass×
4 SS 5:07  #47梅垣37Yard FG  
4 SR 7:47  Safty(エンドゾーンでキャリアをロスタックル)  
4 SR 9:36  #26森本35Yard Run  #13鈴木Kick
  アサヒビール ノジマ相模原
1stDown(Run-Pass-Foul) 12(3-9-0) 13(6-7-0)
ラン攻撃(ATT-Yard-TD) 24-38-0 32-144-3
パス攻撃(ATT-Comp-INT-Yard-TD) 31-17-1-216-2 19-11-1-237-1
Total(ATT-Yard) 55-254 51-381
反則(Att-Yard) 5-30 2-15
Punt(Att-Yard) 4-131 1-63
PuntRet(Att-FC-Yarrd) 0-0-0 4-1-3
KickOff(RetAtt-FC-RetYard-TD) 6-0-16-0 5-0-104-0
Fumble(Att-Lost) 0-0 1-1
攻撃時間 24分33秒 23分27秒

この試合、ライズ側で見てましてね。近くに顔見知りになったライズOBのご両親がいたんですけどね。
4Qのパントでシルバースターが2Yardまで押し込められたとき。
「願うなら。適うなら。セイフティ。で、次の攻撃でFG。それで8点差。でも無理ですよねー、相手ホッジスだし」
などとのたまっていたら、マジモンでセイフティ取りまして。まあ実際このセイフティが試合を決めた訳なんですが。

今年のシルバースターを象徴する試合だったかなと。初戦はパスが不調で、ホッジスとタンデムしていた柳澤が絶不調で。QBをハンフリーズにしてから攻撃にリズムが出て相手を圧倒するようになり、ここまで来たわけなんだけど。
X1トップクラスのDL/LBの揃った相手と勝負したときにLOS抜けきれないという課題が出ちゃった訳ですよ。
それはホッジスが、というよりOLが、という事なのかな。
昨年ホッジスが衝撃的な破壊力を見せたときのQBは鈴木(今年からゼロックス)で、ハンフリーズもそうなんだけど左右に動きながらランプレーを入れる。これが結果的にカウンター気味に走るプレーでギャップか出来て、そこをスピードとアジリティで抜けていくプレーが多かったと思うのですよ。
ところがライズの守備には#90伊倉#9番矢という日本を代表するラッシャーが居て、その後ろに守備範囲の広い#5田中がいて、それに引っ張られるように守備メンバーが食らいつく、という循環で試合してきた。そこに対して思った以上にラインがコントロールできなかった時に負けてるのね。
※逆に言うと、初戦のゼロックスは、ホッジスはともかく安藤封じに成功したというのがミソで、他の試合とは少し様相が違うあたり「この試合に絞ってきた」という気合を、今になって再確認させられる訳です。

試合自体は展開として両チームがビックリターンを避ける為に浅い位置に落とすキックを連発し(途中からシルバースターの方が早く深めに蹴り込んだ)、自陣35ヤード付近からの攻撃に終始した中での展開だったのだが、まあケダリアス・ハンフリーズは今年日本でプレーしたQBの中でも最高の選手でした、というのが判る試合展開でした。
でも、ライズ守備は良かったですよ。そもそも今季「守備がやられた」試合なんて無かったんですから。攻撃が下手こいて行き詰まった試合ばかりでしたから。
それに対してロックレイは……これでいいのかね? というのは、今年に入ってからレシーバーが完全に空かない限り投げない。少しでも距離が近いと空くのを待つ。で、手詰まりになって無理投げする。
結果としてこの繰り返しでテンポが悪くなっていた。
だとしたらコーチはもっと「決め打ち」パスを投げさせるプレーを入れるべきだったんじゃないのかなあ。
外国人ではなく、日本人のいいQB連れてきて、須永さんのイメージ(大型強健)と違ってもいいから育て上げる覚悟ないときついよね、来年以降。
そんなし合いでした。


投稿日:2019年12月22日 16:40:02
アメフト / 投稿者: 久保田 博之


<< 2020年 2月  >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829



●最近の投稿


●カテゴリ別
日常(11)
アメフト(47)
PC関係(2)


●リンク
 Binza.net読書館
●月別アーカイブ