2020年1月3日東京ドーム第1試合 73Th RiceBowl
 Bunza.net
     
 
●2020年1月3日東京ドーム第1試合 73Th RiceBowl

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
関西学院大学ファイターズ KG 0 7 0 7 14
富士通フロンティアーズ FF 14 14 3 38
Q TEAM TIME  PLAY  TFP
1 FF 6:33  #18高木→#1強10Yard Pass   #11西村Kick
1 FF 10:10  #18高木→#81中村20YardPass   #11西村Kick
2 FF 7:29  #18高木→#22岩松23Yard Pass   #11西村Kick
2 KG 11:27  #3奥野→#21三宅66Yard Pass   #8安藤Kick
2 FF 13:41  #29グラント46Yard Run   #11西村Kick
3 FF 3:27  #11西村26Yard FG    
4 FF 1:17  #30金5Yard Run   #25大塚Kick
4 FF 10:25  #25大塚39YardfG×    
4 KG 14:22  #3奥野→#4鈴木4Yard Pass   #8安藤Kick

 公式記録はこちら

はっきり言って学生向け提灯記事の羅列に反吐が出る状態だったので、特に4Year.comのように学生メインのメディアが連投するのはいいけれど、その他の所は社会人側もきっちりバランス取って取り扱って貰えないなら単なる偏向報道でしかないでしょう。
そうして持ち上げた提灯記事の数だけ結果が空虚に響くことになり、さら人気離れに拍車がかかる結果についてもAFMとか4Year.comはどう落とし前付ける気なのか正直担当者を正座させて小一時間問い詰めたい。
で、恐らく4日にはネットメディアで性懲りも無くライスボウル不要論書きまくるクソライターが大手を振る。
この負のマッチポンプに対してどうケリつけんのか、書いた奴は全員自腹で家財全部換金して新大会立ち上げ費用にぶち込んでから全員あの世に消え去って欲しい。
いや社会人フットボールファンとしてはっきり言うが、大学スポーツOBマスコミの懐古主義が日本のスポーツ後進性の元凶なんだよ本当に。
ラグビーでどれだけ苦い思いしてきたよ。社会人のプロ化をたたき壊してきた懐旧派が間違っていたのはこの2回のW杯で証明されたじゃないか。

学生が優遇されるマスメディアを粉砕してくれ。

と、いうのが大前提にあるのでこの結果そのものに違和感がない。

いや、正直関学の敗因は今年も余計なトリップレーに固執した結果だし、ここまで均衡した試合になったのは途中で富士通の小林を壊した(正確には意図したプレーではないのだろうが、転倒した関学守備選手が足をばたつかせた時に、小林の足を背後から刈り取っている。あれは故意であるかどうかの前にトリッピング取るべきだと思うんだ。あれを流した事でもうこの試合に対する興味は白けきってしまったのを告白する)結果だからね。

もうさ。はっきり言うけど学生フットボールはナショナルチャンピオンの称号を得る権利を永久に手放してくれ。それがライスボウル改革の絶対条件ですって。
それはファンも一緒。学生が「ローカルカテゴリ」に自ら格下げする所から始めない限り、話は始まらないからね。

もうね、なんか制度が悪いの書き方の9割以上が社会人害悪説的記載なので、自分の愛する物を罵倒されてまで見続ける義理なんてないわと思うのよ。だから少数意見だけどここでむなしくも吠えておくのであります。
はっきり言って社会人を悪し様に非難する論調は見たくない。悪いのは判官贔屓で印象操作する自称正義マンなライター風情だ。解決策も出せず学生団体を過保護に擁護していい気になるお前らが、諸悪の根源だっつうの。

※負傷に対してどうこう言う人が多いけど、正直社会人でも毎試合あれくらい負傷でゲームは止まる。でもそれは「プレーを止めた選手は最低1プレーはフィールド外にいなくてはならない」から来ている。それを無視して倒れた数だけで言うのはお涙頂戴理論の卑怯な行為だ。それとも何かね、卒業して1〜2年で身体のつくりが極端に変わるのかね。だとしたらそれは大学側のトレーニング理論の問題だろう。社会人に問題があるわけでは無いわ。

 

すいません。多分来年で現行フォーマットは廃止されると思うので、来年はライスについては書かないで無視すると思います。それくらい腹立たしいんだもの。


投稿日:2020年1月3日 18:25:23
アメフト / 投稿者: 久保田 博之


<< 2020年 7月  >>
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031



●最近の投稿


●カテゴリ別
日常(258)
アメフト(491)
PC関係(100)
読書(31)
らくがき(2)
旅行・お出かけ(2)


●リンク
 Binza.net読書館
●月別アーカイブ
2020年 6月(1)
2020年 5月(3)
2020年 4月(1)
2020年 3月(3)
2020年 2月(1)
2020年 1月(4)
2019年12月(4)
2019年11月(13)
2019年10月(11)
2019年 9月(14)
2019年 8月(6)
2019年 7月(6)
2019年 6月(1)
2017年 3月(2)
2017年 1月(8)
2016年12月(9)
2016年11月(10)
2016年10月(22)
2016年 9月(14)
2016年 8月(8)
2016年 7月(3)
2016年 6月(8)
2016年 5月(12)
2016年 4月(7)
2016年 3月(1)
2016年 2月(3)
2016年 1月(2)
2015年12月(7)
2015年11月(14)
2015年10月(17)
2015年 9月(13)
2015年 8月(5)
2015年 7月(3)
2015年 6月(3)
2015年 5月(11)
2015年 4月(5)
2015年 3月(4)
2015年 2月(3)
2015年 1月(5)
2014年12月(6)
2014年11月(14)
2014年10月(11)
2014年 9月(12)
2014年 8月(16)
2014年 7月(3)
2014年 6月(5)
2014年 5月(12)
2014年 4月(7)
2014年 3月(4)
2014年 2月(2)
2014年 1月(4)
2013年12月(7)
2013年11月(10)
2013年10月(11)
2013年 9月(14)
2013年 8月(6)
2013年 7月(7)
2013年 6月(4)
2013年 5月(9)
2013年 4月(7)
2013年 3月(6)
2013年 2月(8)
2013年 1月(6)
2012年12月(15)
2012年11月(12)
2012年10月(9)
2012年 9月(11)
2012年 8月(6)
2012年 7月(9)
2012年 6月(3)
2012年 5月(7)
2012年 4月(9)
2012年 3月(1)
2012年 2月(7)
2012年 1月(3)
2011年12月(4)
2011年11月(5)
2011年10月(5)
2011年 9月(3)
2011年 7月(3)
2011年 6月(3)
2011年 5月(3)
2011年 4月(3)
2011年 3月(3)
2011年 2月(2)
2011年 1月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年 9月(1)
2010年 8月(1)
2010年 7月(1)
2010年 4月(1)
2010年 3月(1)
2010年 2月(2)
2010年 1月(5)
2009年12月(8)
2009年11月(9)
2009年10月(8)
2009年 9月(14)
2009年 8月(7)
2009年 7月(9)
2009年 6月(3)
2009年 5月(18)
2009年 4月(11)
2009年 3月(3)
2009年 2月(3)
2009年 1月(9)
2008年12月(11)
2008年11月(19)
2008年10月(14)
2008年 9月(18)
2008年 8月(8)
2008年 7月(3)
2008年 6月(6)
2008年 5月(13)
2008年 4月(6)
2008年 3月(5)
2008年 2月(5)
2008年 1月(8)
2007年12月(4)
2007年11月(6)
2007年10月(6)
2007年 9月(15)
2007年 8月(3)
2007年 7月(15)
2007年 6月(3)
2007年 5月(11)