特定のファン層にクラウドノイズが嫌われる理由
 Bunza.net
     
 
●特定のファン層にクラウドノイズが嫌われる理由

まあ、だいたいバブル以前の学生ファンだったり選手上がりだった人に圧倒的に多いんですよね、クラウドノイズ嫌い。
ちなみにアメフトに限らない。以前発言小町でbjリーグ(当時)のフリースローを妨害するファンに納得いかないお母さんの投稿を見たことがあって(ちなみにその人の結論は「子供たちには「人の嫌がることはするな」と教えているので、それを徹底しつつ楽しみます」だった)。

これはまあ、ものの見事に江戸幕府のでっちあげ儒教教育と明治政府の道徳教育の結果なんであって、そもそも日本の文化に「正々堂々」はないのよ。ないからこそそれを誤魔化すべく正当化する教育をしてきたのが行き過ぎた結果として妙な武道の精神論に到達して、それが全ての体育教育にいびつにひろがってしまったというのが正解。

で、その上で現在の公式規則にこういう文言があるのです。
第9篇 公式規則の適用を受ける者の行為
 第2章 スポーツマンらしからぬ行為
第1条 スポーツマンらしからぬ行為 試合前,試合中または各節の間を通じ,プレーヤー,交代選手,コーチ,正式な関係者,およ び公式規則の適用を受ける者は,スポーツマンらしからぬ行為または円滑な試合の運営を妨害 するようないかなる行為も行ってはならない。 プレーヤーによるこのような行為は,発生した時 間によってライブ ボール中の反則またはデッド ボール中の反則として扱われる。(A. R. 9−2− 1−T〜]) 
(中略)
b. 他の禁止される行為:
(中略)
 5. バンドを含む公式規則の適用を受ける者は,チームがシグナルを聞きとれないほど の騒音を発生してはならない。(参照:1−1−6)

この文章に従えば、「公式規則の適用を受ける者」はクラウドノイズどころかチームがケイダンスを発するタイミングに「しわぶき一つたてずに固唾をのんで見守る」義務がある事は判ります。

参照箇所は以下の通り

第1篇 試合,フィールド,プレーヤー,装備
第1章 一般事項
第6条 公式規則の適用を受ける者
a. 公式規則の適用を受けるすべての者は,審判員の決定に従わなければならない。
b. 公式規則が適用される対象者は,チーム エリアにいるすべての者,プレーヤー,交代選手, 被交代選手,コーチ,トレーナー,チアリーダー,バンド関係者,マスコット,場内アナウンサー, 視聴覚機器オペレーター,および両チームや競技団体などの関係者等である。

この規定により、大原則として「チーム証で出入りしている人」と「スタッフ証で出入りしている人」は確実にアウトですよね。

はい、ここで質問です。スタンドにいる観客というのはこの1−1−6の適応対象なのでしょうか?

実は解釈上1980年代頃までは「両チームや競技団体などの関係者」とみなされていた事があるそうです。
何故か。そりゃ「チーム関係者にOB会とか後援会とか父母会が含まれる」ということは「スタンドのほぼ全ては関係者」だった訳ですから。
一般入場者とか「存在しない幻想の産物」だった訳です。

ところが流れが変わったのはライスボウルと、社会人。
どういう事かと言うと、新聞社の販促ツールとして招待券がそれなりの量蒔かれたんですよ。
そして社会人チームの場合「チーム券販売」の名目で企業がチケットを買い上げて関係企業に蒔いた訳です。
結果として「直接のチーム関係者とはいいにくい人たち」が増えた事で「適用範囲の厳格化」が発生したのですね。
無論、リーグ戦スポンサーがチケット配ったケースもあるので、「競技の大衆化」というのはこういう側面も持っているという事を全員が理解してないといけないのに、そこを理解してない人が多数いるのです。

で、さらに拍車をかけたのが日テレの地上派でNFL中継(原則週1だったが、最盛期には臨時で週3)があり、アメリカの流れがは言って来た事なんですよね。
※ちなみに野球の巨人がタオルを振るのはNFLスティーラーズのテリブルタオルの猿まねっす。
これで判ってないチアが増えたというので一頃「チアの音量!」と騒がれた訳です(騒いだ一人がくぼたさん)が。

未だに関西ではここの所を旧来解釈りまま取り組んでいる競技場などがあるという事(有り体に言うと王子陸上)で、今後の課題ではあるんだけど。
それはそれとして、00年代以降この格差が顕著になるのね。
※特に西宮球場を失った関西学生が、さらに西京極も神戸ユニバも取られた挙げ句キンスタも奪われたとあって、鳴り物が出来る大きくて交通の便がいいスタジアムから閉め出されまくった結果なんだけど。実は当時聞いていた噂話では、某大学応援のマナーがあまりに悪くて旧来のチーム関係者と険悪になり、それに対してJリーグの方が収益性が高いという事で、行政の方も収益と投資に関して色々言うようになって来たことから、優先利用団体の指定を制限したっぽい。
結果として、特定の地域の声の大きい人たちが(そして都合の悪いことに、その特定地域が圧倒的に強いもんだからやたらと目立つ)一大勢力であるかのようにふるまうものだから、「白装束着て水垢離しながら六根清浄唱えつつ、もの凄い口汚い野次には寛容という謎な観戦スタイル」を正義であるかのごとく振りかざしている訳です。

まあそれなら「全国」に出て来ないべきですよ。単にそれだけなんですけどね。


投稿日:2020年1月12日 11:41:25
アメフト / 投稿者: 久保田 博之


<< 2020年 5月  >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31



●最近の投稿


●カテゴリ別
日常(12)
アメフト(52)
PC関係(2)


●リンク
 Binza.net読書館
●月別アーカイブ