2020年秋期シーズンがこうなるのではという予想というか案というか
 Bunza.net
     
 
●2020年秋期シーズンがこうなるのではという予想というか案というか

(FaceBookの某グループに投稿した物からバージョンアップしています)
新型コロナの収束が見えない中で、秋期シーズンをどうするかという課題が各競技団体を悩ませていると思います。

TVでの報道を鵜呑みにするならば、現在治療効果の期待できる薬品が最短で8月後半には認可が下りるとのこと。つまりは「感染しても軽微な段階であれば、大半は短期間で治癒できる」という状況になる、という事で。
※さらに一般的なウイルスが高温多湿にいという傾向から、6月には活動が停滞するだろうとうのも信じたとしてですが

それを念頭に置いて今シーズンを考えると
1.試合間隔をビッチリ詰めて1/3のライスボウルから逆算して10月〜12月に集中開催する。
2.開始時期を遅らせ、かつ学生側が「試験期間にかぶらない」事を担保した特別スケジュールで実施する、
3.今シーズンの日本選手権の開催を断念し、各リーグの日程消化のみ実施する。で、全てのボウルゲームをお休みする。
の三択になると思うのですよ。
多分3.になりそうな気がするんですけどね(そして関西学生は旧来の東西王座決定戦としての甲子園ボウルをやろうとして顰蹙を買いつつ関西学生OBの新聞記者に持ち上げられてイキっちまうんだろうなあ)。7
1.に対して否定的なのは、下位リーグのスケジュールが崩壊しちゃいそうだから。特に審判さんが追いつかなくなりそう。

そこで個人的には2.「開始時期を遅らせ。特別スケジュールで実施する」がいいと思っています。

具体的には……
@日本協会傘下の全ての競技団体の秋期シーズン開始をー9月12日(土)以降(イメージとしては2週間後ろ倒し)にする。
なおシーズンエンドは1/9〜11の3連休。これはラグビーなどと一緒で「学生の試験期間にかぶらない」為。片方が理由にして辞めていることをもう一方がやったらおかしいでしょ。

A全日本学生選手権の組み合わせを今年に限り以下のように変更する
・今年に限り北日本代表決定戦の前に東北代表対北陸代表の試合を設定し、勝者が北海道代表と北日本代表を争う(これは、たまたまこの2地区が5チームで編成されているから)
・関西学生は対象を1チームに減らす(あくまで今年に限る話であることをしつこく言っておきます)、
・西日本選手権は中四国対東海を第1ラウンド、第1ラウンド勝者対九州を第2ラウンドとし、第2ラウンド勝者対関西代表を西日本勝者とする。
→西日本の改正により、少なくとも2節の削減となり、スケジュールに余裕が出る。

B甲子園球場さんに無理を聞いて貰い甲子園ボウルを2021年1月10日(日)に設定する。
 →これで日程的には無理なくシーズン消化ができる、はず。

C社会人の決勝は1/3、東京ドームとする。
・その第2試合をクリスマスボウル(高校選手権)に充てる。これで高校生も2週遅れでシーズン消化が可能になる。

D今年に限りライスボウルは行わない。
・日本選手権としての試合と諸々の協賛・副賞は社会人決勝にスライドする(※スポンサーへは「社会人決勝を日本選手権試合にします」として継続支援をお願いする)
→ライスボウル改廃については別議論。あくまで興行的スケジュールの都合で尻切れトンボで帳尻合わせするという話なので。

個人的には「世間ヘのアピール」とか「国際的なアピール」という面でも National Champion という称号は必要不可欠であると考えているので、それを決める試合を日本アメフトの頂点という事で「興行的に」目立たせています。

実際に2019年度の実席から推定される「通常ならこうなる」という予想日程はごうです。
※昨年の場合、自然災害で日程消化が思うように進まない地域もありましたが、原則として「各節は週末に開催される」という事で、週末の土曜日を起点に配置してあります、また、関東・関西学生の開始日を「9月第1日曜日のある週末」、X1Superの開始を「その1週間前」として設定してあります。

……こうして見るとも関西学生が3チーム参加にしたせいで日程がキツキツなのが判る。鳥内さんには失礼だが、選手の怪我がどうこうと言うのはそもそもこの詰め込み日程で身体のメンテナンスが出来なかったからなんじゃない?
では次に修正後の日程案です。

大元の素案(FBに上げた奴)てば、南日本の所が「関西×東海」「九州×中四国」だったのですが、それだと関西学生が「9/12開幕」「東海と中四国が9/26開幕」かつ「関西はどこか1回隔週ではない場所が出来る」ということになり「無理のないシーズン」から外れてしまう事と、会場の取り合い(社会人と学生は1週ずれていることで互いに大きめの会場をシェア出来るようになっている。また、10月はラグビーやサッカーとも取り合う為、昨年のような豪雨災害等での会場スケジュール逼迫を避ける為)を避ける為にも組み替えました、。

これが一番スッキリするような気がしています。が、多くの皆様が必死になってシーズンを遂行せんとしている訳ですから、これでなくてもいいです。
無事秋シーズンが遅れますように。


投稿日:2020年4月11日 23:59:17
アメフト / 投稿者: 久保田 博之


<< 2020年 5月  >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31



●最近の投稿


●カテゴリ別
日常(12)
アメフト(52)
PC関係(2)


●リンク
 Binza.net読書館
●月別アーカイブ