PC関係 の記事
 パソコンと周辺機器、通信などに関するお話


 Bunza.net
     
 

1.VMWare Playe起動時にエラーが出る件
色々ネットで説明が出ていますが、「パワーオン中にエラーが発生しました」等のエラーが出て起動しない場合、何らかのサービス不具合だそうです。
一番安直な解決方法なのは「修復インストール」すること。サービス設定をいじるというのも手のようですが、こっちの方が判りやすい。

2.使うべきウインドウマネージャーについて
FreeBSD12になると、統合型デスクトップ環境としてKDE5が入ってきますが、激烈に重たいのでおすすめしません。軽量版のLXDE(ラズパイ標準)などは評判が良くないし、それまでてメジャーだったXFceなどもまだまだこなれていない感じです(故に、FreeBSD11.3の方を勧めるサイトもあります)。
Gnomeプロジェクトから分派したMateを入れてみましたが、これがまずまずな感じがします。
ちなみに今までくぼたさんがメインで使っていたWindowMakerはどのサイトでも相手にすらされていませんでした(軽くていいんですけどね)

3.日本語入力環境mozcについて
いろんなサイトではちゃんと起動していると書いてあるのですが、現時点て私の環境では全く動きませんでした。
※不思議なことにインストールするごとにいろいろインストール漏れなどが発生するので、VMWarePlayerに依存した不具合かも知れませんが、試せる本番環境がないので……。
pkgコマンドでインストールしている関係で、もしかしたら細かなバージョン違いが出ているのかも知れませんが……。
取りあえずfcitx-anthyで構築しました。
何故って?くぼたさん、かな入力派なもんで。

4.ブラウザについて
一応Chromiumです。root権限ではオプションでセキュリティ弱めないと動きませんが、そのオプションはコマンドから起動する時に出るメッセージにあります。
※いやrootでログインするなと言う話なんだが。

5.sambaについて
なんかMate入れると勝手にインストールされる。現在Linuxの方では新しいGUIツール(Swat廃止後困っていた人は多いと思うよ)が提供されているそうなんだけど、BSD環境にはなし。とりあえずWebminで行きます。これだけでもうCentOSかUbuntに移行したくなるんですけど。


投稿日:2019年7月15日 17:38:39 / 投稿者: 久保田 博之

その後仮想環境でダミーサーバ構築を狙うもVmWareが上手く作動しないところから始まり、OSのFreeBSD12はインストール出来たもののデスクトップ環境ではKDE5が重すぎて使えず(とりあえずMateにして見た。うーん、これならいつも通りWindowMakerの方がいいかな)、日本語入力環境絵では解説サイトではほほ全てが説明していたたmozcが動かず心が折れたとほぼ同時に、メインで使っていたPCが画像出力しなくなる。
もともとファンレスブームの頃にMini-ITXマザーで作った薄型デスクトップだったのだが、久々にPCパーツ売り場に行って愕然としたのがMini-ITX用のケースがほぼ絶滅という事。

ちなみにここのところずっと格安という理由でAMDで構築していたので今回もRyzen環境にして見ましたが、CPUファンが電源に観賞しかけるとか(リテールで行けました)Win9.1ではドライバインストーラが動かないとか色々あって、最終的にはWindows10にアップグレード。
実はMini-ITXケースの殆どにCDドライブスロットが無く、今回買ったのはスリムタイプのスロット式なら可能という事で、これは後日買う事にしましたわ。
※スリムタイプのトレー式なら持っている。ちなみに今回はノート用に買った外付けBDドライブを使用。

やっとこ復旧しましたので、これから対策検討します。

とりあえず暫くは過去無しで行きます。


投稿日:2019年7月1日 23:11:12 / 投稿者: 久保田 博之

 トップへ 

<< 2020年 5月  >>
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31



●最近の投稿


●カテゴリ別
日常(12)
アメフト(52)
PC関係(2)


●リンク
 Binza.net読書館
●月別アーカイブ