Bunza.net
 〜過去データを飛ばしてしまいました〜
     
 
 2019年12月22日

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
ノジマ相模原ライズ SR 3 14 6 9 32
アサヒビール・シルバースター SS 7 7 3 3 20
Q TEAM TIME  PLAY  TFP
1 SR 2:48  #13鈴木30Yard FG    
1 SS 6:44  #3ハンフリーズ→#29ホッジス16Yard Pass   #47梅垣Kick
1 SR 9:05  #13鈴木49Yard FG×  
2 SR 3:18  #25東松1Yard Run   #13鈴木Kick
2 SS 5:55  #3ハンフリーズ→#2ジョーンズ45Yard Pass   #47梅垣Kick
2 SR 9:23  #2宮幸8Yard Run   #13鈴木Kick
3 SS 5;27  #47梅垣33Yard FG    
3 SR 10:50  #3ロックレイ→#2宮幸65Yard Pass  #23伊藤→#90伊倉Pass×
4 SS 5:07  #47梅垣37Yard FG  
4 SR 7:47  Safty(エンドゾーンでキャリアをロスタックル)  
4 SR 9:36  #26森本35Yard Run  #13鈴木Kick
  アサヒビール ノジマ相模原
1stDown(Run-Pass-Foul) 12(3-9-0) 13(6-7-0)
ラン攻撃(ATT-Yard-TD) 24-38-0 32-144-3
パス攻撃(ATT-Comp-INT-Yard-TD) 31-17-1-216-2 19-11-1-237-1
Total(ATT-Yard) 55-254 51-381
反則(Att-Yard) 5-30 2-15
Punt(Att-Yard) 4-131 1-63
PuntRet(Att-FC-Yarrd) 0-0-0 4-1-3
KickOff(RetAtt-FC-RetYard-TD) 6-0-16-0 5-0-104-0
Fumble(Att-Lost) 0-0 1-1
攻撃時間 24分33秒 23分27秒

この試合、ライズ側で見てましてね。近くに顔見知りになったライズOBのご両親がいたんですけどね。
4Qのパントでシルバースターが2Yardまで押し込められたとき。
「願うなら。適うなら。セイフティ。で、次の攻撃でFG。それで8点差。でも無理ですよねー、相手ホッジスだし」
などとのたまっていたら、マジモンでセイフティ取りまして。まあ実際このセイフティが試合を決めた訳なんですが。

今年のシルバースターを象徴する試合だったかなと。初戦はパスが不調で、ホッジスとタンデムしていた柳澤が絶不調で。QBをハンフリーズにしてから攻撃にリズムが出て相手を圧倒するようになり、ここまで来たわけなんだけど。
X1トップクラスのDL/LBの揃った相手と勝負したときにLOS抜けきれないという課題が出ちゃった訳ですよ。
それはホッジスが、というよりOLが、という事なのかな。
昨年ホッジスが衝撃的な破壊力を見せたときのQBは鈴木(今年からゼロックス)で、ハンフリーズもそうなんだけど左右に動きながらランプレーを入れる。これが結果的にカウンター気味に走るプレーでギャップか出来て、そこをスピードとアジリティで抜けていくプレーが多かったと思うのですよ。
ところがライズの守備には#90伊倉#9番矢という日本を代表するラッシャーが居て、その後ろに守備範囲の広い#5田中がいて、それに引っ張られるように守備メンバーが食らいつく、という循環で試合してきた。そこに対して思った以上にラインがコントロールできなかった時に負けてるのね。
※逆に言うと、初戦のゼロックスは、ホッジスはともかく安藤封じに成功したというのがミソで、他の試合とは少し様相が違うあたり「この試合に絞ってきた」という気合を、今になって再確認させられる訳です。

試合自体は展開として両チームがビックリターンを避ける為に浅い位置に落とすキックを連発し(途中からシルバースターの方が早く深めに蹴り込んだ)、自陣35ヤード付近からの攻撃に終始した中での展開だったのだが、まあケダリアス・ハンフリーズは今年日本でプレーしたQBの中でも最高の選手でした、というのが判る試合展開でした。
でも、ライズ守備は良かったですよ。そもそも今季「守備がやられた」試合なんて無かったんですから。攻撃が下手こいて行き詰まった試合ばかりでしたから。
それに対してロックレイは……これでいいのかね? というのは、今年に入ってからレシーバーが完全に空かない限り投げない。少しでも距離が近いと空くのを待つ。で、手詰まりになって無理投げする。
結果としてこの繰り返しでテンポが悪くなっていた。
だとしたらコーチはもっと「決め打ち」パスを投げさせるプレーを入れるべきだったんじゃないのかなあ。
外国人ではなく、日本人のいいQB連れてきて、須永さんのイメージ(大型強健)と違ってもいいから育て上げる覚悟ないときついよね、来年以降。
そんなし合いでした。


アメフト / 投稿者: 久保田 博之


  1Q 2Q 3Q 4Q Total
AFCクレーンズ Cr 0 0 0 0 0
Bullsフットボールクラブ Bu 6 14 7 10 37
Q TEAM TIME  PLAY  TFP
1 Bu 6:22  #10時崎→#80大西10Yard Pass   #54高橋Kick×(Block)
2 Bu 4:12  #10時崎→#17久寳6Yard Pass   #54高橋Kick
2 Bu 11:48  #10時崎→#86島田4Yard Pass   #54高橋Kick
3 Bu 3:40  #3山形3Yard Run   #54高橋Kick
4 Bu 2:44  #10時崎→#80大西11Yard Pass   #54高橋Kick
4 Bu 7:37  #54高崎33Yard FG    
4 Bu 10:39  #54高崎39Yard FG×    
  Bulls クレーンズ
1stDown(Run-Pass-Foul) 19(8-11-0) 1(0-0-1)
ラン攻撃(ATT-Yard-TD) 32-146-1 17-15-0
パス攻撃(ATT-Comp-INT-Yard-TD) 31-20--259-4 15-4-2-20-0
Total(ATT-Yard) 63-405 32-35
反則(Att-Yard) 6-65 5-30
Punt(Att-Yard) 1-31 6-179
PuntRet(Att-FC-Yarrd) 4-0-11 1-0-3
KickOff(RetAtt-FC-RetYard-TD) 1-0-14-0 4-0-69-0
Fumble(Att-Lost) 1-0 0-0
攻撃時間 29分31秒 18分29秒

試合開始直後まではメイン・パックスタンドともどもと日本野鳥の会がいなくても数えられる程(昭和時代の紅白歌合戦は、最終結果のカウントを日本野鳥の会の皆さんがやっていたというネタ) 寂しさマックスなスタンドで、結果的にはもう元々こうあるべきという結果に落ち着いてしまった訳だという感想しか出て来ない試合でした。

というのも、元々1部の力がありながらチーム運営の立て直しの為に自主降格したBullsに対してブロック2位からの自動昇格のクレーンズではちょっとばかり分が悪すぎたのではないか……特に対戦相手が軒並み強い(結果的に順位が高いチームと対戦していた)中で尻すぼみに点差が開いていくシーズンでは、やっている方も辛かったかも知れない。

この試合に関しては見ていると、序盤を除き守備が奮闘していたのだが、攻撃、特にQBとOLの呼吸が合わなさすぎた。※QBがなんとかしようと自分で奮闘するのだが、余計噛み合っていない。

多分X1Ariaで本格的にプレーするなら、OLの強化−−というよりQBの望む型にはまる為の努力が必要ではないかと。

Bullsの方はこれからがキモ。多分X1Ariaでも下位に沈み込む(上が分厚くなって来た、という意味で)中で、どこまで踏ん張れるかが問われると思う。

 


アメフト / 投稿者: 久保田 博之

 2019年12月7日

JXBなんですが、急遽お休みとなりました。
理由はですね。
会社でお世話になった前の部署の方が、今月末で卒業(定年延長後の嘱託契約満了)と言うことで。急遽慰労会をやることになりまして。
それと日程がバッティングした訳です。
「……あんた解っているよね」
「……はい」
というやりとりがございまして、結果お休みです。

その後ですが、12/22の入れ替え戦は行きます。

1/3については
・学生代表が早稲田の場合…………参加
・学生代表が関西学院の場合……データ飛びましたが昨年のライス後の鳥内監督と小野SDの言動に激しく嫌悪感と拒否反応を起こした結果
  社会人代表が富士通…………参加(富士通だけを見に行く来ます)
  社会人代表がパンソニック…………不参加(心の中で関学が自主的辞退したと置換して試合そのものがなかったことにします)
といたします。

ぶっちゃけ、自称学生ファンなろ老害ファンがガタガタ言うのに対してこれくらい強い拒絶反応を示したっていいたじゃないですか。
だいたい関学の老害ファンがガタガタ騒ぐぶんだけライトファンが及び腰になって離れていくという現実をいい加減認識しろって言うの。


アメフト / 投稿者: 久保田 博之

 2019年12月1日

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
アサヒ飲料チャレンジャーズ AC 3 7 7 14 31
アサヒビール・シルバースター SS 3 14 7 10 34
Q TEAM TIME  PLAY  TFP
1 SS 6:43  #47梅垣25Yard FG    
1 AC 10:16  #9加藤46Yard FG    
2 SS 2:37  #3ハンフリーズ→#10柳澤7Yard Pass   #47梅垣Kick
2 AC 9:12  #8サフロン→#85亀山7Yard Pass   #9加藤Kick
2 SS 9:31  #10柳澤78Yard K.O.R   #47梅垣Kick
3 AC 3:58  #8サフロン→#1ジョンソン35Yard Pass   #9加藤Kick
3 SS 8:48  #29ホッジス13Yard Run   #47梅垣Kick
4 AC 2:43  #3サフロン→#85亀山10Yard Pass   #9加藤Kick
4 SS 6::15  #3ハンフリーズ→#12小峯11Yard Pass   #47梅垣Kick
4 SS 11:00  #47梅垣44Yard FG    
4 AC 11:23  #8サフロン→#15安在32Yard Pass   #9加藤Kick
  アサヒビール アサヒ飲料
1stDown(Run-Pass-Foul) 18(7-9-2) 17(5-11-1)
ラン攻撃(ATT-Yard-TD) 29-103-1 23-99-0
パス攻撃(ATT-Comp-INT-Yard-TD) 26-17-1-162-2 28-17-1-221-4
Total(ATT-Yard) 55-265 51-320
反則(Att-Yard) 5-40 7-58
Punt(Att-Yard) 1-18 2-68
PuntRet(Att-FC-Yarrd) 1-1-0 0-0-0
KickOff(RetAtt-FC-RetYard-TD) 6-0-174-1 6-0-68-0
Fumble(Att-Lost) 2-0 1-1
攻撃時間 25分22秒 22分38秒

 いやね。どうやってまとめようかと思って試合終盤を見ていたら、どうしても頭からはがれなくなった妄想があってね。結局成仏できなかったのでここで発表しますわ。試合は真剣勝負だったんだけど、こんな妄想に取り付けれたくぼたさんを嗤ってくださいな。
 

川崎と尼崎で離れて暮らす従姉妹同士が相まみえることとなった朝日家。東京の姉しーちゃんと尼崎の妹ちーちゃんが激しく争うもしーちゃんが一歩抜け出す。必死にしがみついて離れまいとするちーちーゃん。
しーちゃん「く、この、離れろぉぉぉぉぉぉっ」
ちーちゃん「は、離すもんかっ」
(腰にしがみつくちーちゃんを引きはがそうとねばるしーちゃん)
ちーちゃん「しー姉ちゃんだに行かせるもんかっ くらいついて食らいついて最後にうっちゃりかましたるねんっ」
しーちゃん「こ、こなくそおおおおっ」
(しーちゃんの蹴りがクリティカルヒット!のけぞりもんどりうつちーちゃん。息が詰まったか痙攣して動けない)
しーちゃん「アンタにしてはよくやったさ」
(振り向いて歩み出すしーちゃん)
がしっ
しーちゃん「がしっ?」
(振り向くしーちゃん。這いずったまま足首を掴むちーちゃん)
ちーちゃん「ふ、ふへへへへへへへへ」
しーちゃん「なっ ふ、不死鳥のごとく、このっ」
ちーちゃん「言ったよね。しー姉ちゃんだけ行かせる訳にはいかないって!」
(面を上げ、ヤンデレ風の笑みを浮かべてにらみ上げるちーちゃん。思わず悪寒に絵襲われるしーちゃん)
しーちゃん「く、この、離せ、離せこのっ」
(拳を振り下ろそうとしたしーちゃん。だがその手がピタリと止まる)
しーちゃん「……既に、事切れていたか」
(足首を掴んだまま意識がないちーちゃん※死んでません)
(悲しげな表情でちーちゃんを見下ろすしーちゃん。やがて手をふりほどき)
しーちゃん「……よくやったよ、ちーちゃん。今度はこんなんじゃく、やろうぜ」
(きびすを返すと進む先をにらみつけ)
しーちゃん「さあ、待たせたね。こんな馬鹿騒ぎ、これでしまいにしようじゃないか。なあ、暴れ馬のらいちゃん」
(視線の先に、ノジマ相模原のチアみたいな衣装の女性の姿が。アップになった時某氏の影から光る眼が威嚇する)
……to be continued ちゃりらりちゃりらりでーっででっででっでーで………
(↑アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』第1期・第2期のエンディングの入りです)

もうね。試合展開としてはフットボール総合力で上回るシルバースターが先手を打つと、必ずしがみついてくるチャレンジャーズ、という展開だ゛ったんですよ。最後のドライブでパス成否がビデオ判定で覆る直前までは、こんな妄想はなかったんです。
(別に劇画調キャラでもいいんですが、それだと入れ替え戦の結果ではちと絵面がきついってのと、あとどっかに民明書房ぶっこみたくなるでしょ? ジャンプ黄金期世代としては)
…まあ、そういう試合だった訳です。
 


アメフト / 投稿者: 久保田 博之

 2019年11月30日

  1Q 2Q 3Q 4Q Total
富士通フロンティアーズ FF 14 3 7 7 31
エレコム神戸ファイニーズ KF 0 0 7 7 13
Q TEAM TIME  PLAY  TFP
1 FF 1:13  #18高木→#81中村7Yard Pass   #11西村Kick
1 FF 6:54  #18高木→#22岩松5Yard Pass   #11西村Kick
2 FF 4:05  #11西村48Yard FG    
2 FF 12:00  #11西村46Yard FG×    
3 KF 8:07  #19ソコール→#87高尾8Yard Pass   #12山崎Kick×
3 FF 11:11  #18高木→#85松井11Yard Run   #11西村Kick
4 FF 1:30  #18高木→#22岩松16Yard Pass   #11西村Kick
4 KF 6:13  #22川淵8Yard Run   #12山崎Kick
  エレコム神戸 富士通
1stDown(Run-Pass-Foul) 15(5-10-0) 17(8-8-1)
ラン攻撃(ATT-Yard-TD) 23-54-1 25-235-0
パス攻撃(ATT-Comp-INT-Yard-TD) 36-20-1-189-1 21-12-0-122-4
Total(ATT-Yard) 59-243 46-357
反則(Att-Yard) 3-25 2-25
Punt(Att-Yard) 6-219 4-159
PuntRet(Att-FC-Yarrd) 3-0-21 5-2-39
KickOff(RetAtt-FC-RetYard-TD) 6-0-137- 1-0-0-0
Fumble(Att-Lost) 0-0 0-0
攻撃時間 28分45秒 19分15秒

前節の負傷が言えないバードソンに変わり、#18高木が今期2試合目の先発となった富士通と、次回対戦時から見てエースRBのツープラトンが復活して気の抜けなくなったファイニーズの試合、だったんだけど……
サマジー・グラント一人によって試合の均衡は崩壊してしまいましたね。
恐らくゲームプランとしてはとにかく守備が耐え、攻撃がじつくりランデ時間を使って……というイメージだったんだろうけど、最初のドライブでサマジーが70Yard走った時点であっけなく崩れたですよ。
さらに返しのドライブでインターセプト喰らって、きこりゃいかんと。
ところがメインターゲットのアヌワーが前半アディヤミに完封状態。後半にパスキャッチが増えたのはモーション等でインサイド(FLかSB)に入るようになって、アディヤミが対ワイドアウトに残った時だけなんで、本当に、本当に脆くもゲームプランが崩壊したんだと思う。
実際には前半17-0である事を考え、後半3Qの殆どを攻撃ドライブとして費やした所はまだよかったものの、そのあとでたった3プレーでTD取られたんじゃあどうようもないですわ。もし2Qの攻め方がもうちょっと対応できていたらなあとは思うんだけど、仕方ないよね。

まあ試合的にはそういう所だったので、大阪の試合結果が気になって仕方なかったんですが……よもやこの結果(ガルズ敗退)とはねえ。


アメフト / 投稿者: 久保田 博之

 2019年11月20日

NFA公式のサイトへのリンク

XのCFL提携に引き続き、結構どっかーーーーーんなニュースですねえ。

何度も出来ては消えるスプリングシーズンで、この所顕著な存在感を示しているTSLは、恐らくXFL再会に併せてその規模拡大を目指したんだと思う。
NFLの国際化がIAFAパリ派のような嫌悪感にぶつかって塞がりがちな中で、レベルは高いが市場規模が小さい日本というのはいいターゲットなのだと思う。
※あくまで放映権ビジネスだからね、NFL。存在感の浸透という意味ではTSLなどによる「人材の見本市」の方が効果が出るかも知れない。

それにしても、3月か。日本の春シーズンに配慮たんだろうなあ……。


アメフト / 投稿者: 久保田 博之

<< トップへ >>

<< 2020年 2月  >>
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829



●最近の投稿


●カテゴリ別
日常(11)
アメフト(47)
PC関係(2)


●リンク
 Binza.net読書館
●月別アーカイブ